気になる返済方法の選び方は?

クレジットカード現金化は、実際に商品を購入しているために、その分の返済が必ずついてきます。
ショッピング枠を利用してカード決済した商品の代金は必ず何らかの形で返済しなければならないものです。
クレジットカード現金化によって現金が入金されるまでの仕組みだけではなく、利用代金の返済方法についても知っておく必要があります。

主な返済方法を紹介

クレジットカードを利用したときにほとんどの方が利用するのが一括払いです。
一括払いというのは、利用額のすべてをまとめて1回で支払うもので、クレジットカード会社が指定している日に全額支払う方法です。
要は後払いの代表格で、手数料がかからないことがメリットな支払い方法です。

一括払いに対してよくあるのが分割払いです。
読んで字のごとく、利用した金額を月賦にすることができます。
カード会社によっては金利手数料が変動し、無料なこともあります。
分割回数は自分で決めることができ、カード会社によっては最大で60回まで利用できることもあります。

便利だ便利だといわれているのがリボ払いです。
分割払いが回数を重視した払い方だとすると、リボ払いは金額を重視した払い方だといえます。
負担額を5000円や1万円といった風にあらかじめ決めておき、ショッピング枠ギリギリまで利用しても月々の負担額が変わらない返済方法です。

その他ではボーナス払いなどができるカードもあり、あまり知られていないですが2回払いなども利用できます。
カード払いの種類やカードによる分割回数の違いなどは「クレジットカード現金化利用分の支払い方法と特徴」で詳しく解説しています。
熟読して賢く利用しましょう!

【キャッシングの返済方法】

返済しないとどうなるの?

どんなクレジットカードでも利用した分を返済しなければ、そのクレジットカードは利用停止になります。
使った分を返済しないということは、クレジットカード会社との信用関係を壊すこととなり、金額や滞納期間によっては法的手段などが取られることも考えられます。